HOME>トピックス>家賃相場を理解しておけば損をしないで借りることができる

取引相場の把握が重要となる

間取り図

西東京市は東京都心部への通勤や通学が出来るエリアであり、賃貸や売買不動産の取引も活発に行われています。初めてこのエリアで不動産の取引を行う場合には、まずは西東京市近郊の不動産取引相場等を把握することが重要となります。

即決せずに賃貸相場を調べてから決める

住宅模型

西東京市の賃貸物件は一人暮らし用のワンルームタイプからファミリータイプまで幅広い物件が供給されています。このエリアで賃貸不動産を探している人は、すぐに物件を決めるのではなく、駅から距離や築年数、周辺環境ごとの相場観を知ることが重要となるでしょう。

不自然な安い物件に気が付ける

西東京市の賃貸相場よりも安い賃貸不動産が供給されている場合、何かしらの理由が存在している可能性があります。相場をしっかりと理解しているのであれば、不自然に安くなっている賃貸不動産を見落としてしまうことも無くなるでしょう。

礼金の金額にも注意が必要

西東京市の家賃相場を把握したうえで、敷金や礼金等を加味して賃貸不動産を選ぶことが重要であり、礼金の金額は初期支払い金額に大きく影響をすることになります。すぐに引っ越しをする可能性があるという人は、あまり礼金が高い物件を選んでしますと、家賃の実質金額が高くなってしまいます。新築物件は比較的礼金が高く設定されていることが多いので、礼金を抑えたい人は築年数がある程度経過している物件を選ぶと良いです。